QLOOKアクセス解析
ふはふは*動物園
犬2匹(雑種とMブルテリア)+猫7匹+オカメインコ1羽。ふはふはとした毛玉たちの動物園のようなブログ。
プロフィール

猫熊猫

Author:猫熊猫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.05.20_22:04
チムちゃんは平成7年8月生まれ、

今年で17歳のおじいさんです

9歳の時に糖尿病を発症し、

8年間、毎日朝晩インシュリン注射を続けてきました

フードも療法食を与え、

時々血液検査をして、血糖値をコントロールしながら

たまに体調をくずすときもありましたが、わりと元気に普通に過ごしています。

ところがつい先日、ふと気が付くと

顎の下がぷっくりと膨れているではありませんか!

DSC_0175.jpg

触っても痛がりはしないし、ご飯も普通に食べているんですが、

硬い感じのしこりがあるので、病院へ連れて行きました。

診察と血液検査をしてもらい、先生がおっしゃるには

化膿して腫れているのではなく、腫瘍だろうとのこと。

検査しないと悪性かどうかはわからない。

手術して取り除くとしたら、下あごを全部取ってしまう事になる。

そうなると、ご飯も普通に食べられないし、よだれ垂れっぱなしになるし

そんな状態になってまで、手術するのが果たしていいのかどうか?

10歳以下の若い子であれば、手術を勧めるが

詳しい検査をするとなると全身麻酔しないといけないし、

高齢で糖尿病持ちであることを考えると、

このまま様子を見たほうが良いのではないかと。

ショックでしたが、今現在普通に元気で食欲もあるし

しばらく様子を見ることにしました。

血液検査の結果、血糖値が低すぎるので

インシュリンが効きすぎているから少し減らして、

朝晩2単位にする事以外は

肝機能、腎臓も正常でした。


DSC_0176.jpg



今の所、顎が腫れている以外に症状はないので、

それほど深刻感はないんですが、不安はあります。

この先腫瘍が大きくなって、ご飯が食べにくくなったり

他に転移して別の症状が出てきたらどうしよう?

でも検査や手術などで、怖い思いや辛い思いをさせるのも可哀想だし。

とりあえず今のまま進行しないで、

少しでも長く元気でいてくれることを祈るしかありません。



ブログ再開早々重い話で申し訳ないです~

おまけをどうぞ↓(笑)


DSC_0172.jpg

今日の動物…コアリクイ338994.jpg

ランニングシャツを着たショパンです~コアリクイにそっくり??



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへにほんブログ村 犬ブログ ブルテリアへにほんブログ村 猫ブログ オッドアイへ

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。